まつ毛に必要な夏のスキンケア

まつ毛は顔全体の印象が大きく変わるので、女性のメイクには欠かせないポイントです。
エクステやマスカラにビューラー、付けまつ毛(通称 ツケマ)など、日々酷使する割にスキンケアを怠りがちなのもまつ毛の特徴です。
特に夏は強い紫外線や熱風にさらされ、お肌や髪の毛同様にまつ毛も傷んでいます。
夏に必要なスキンケアは大きく2つ、十分なキューティクルの保護と、健康なまつ毛の生え変わりを促す毛根のケアです。
夏は汗をかき、その度にハンカチで汗をぬぐいます。擦れる事で毛先のキューティクルが剥がれて、その傷んだ箇所から乾燥や栄養漏れが発生します。
ここで重要なポイントは、スキンケアを行うのはメイクを完全に落とした綺麗な肌の状態の時に実施するという点です。
つまりお風呂上りが最適です。
綺麗にメイクや汗や皮脂汚れを洗い流し、綺麗になったまつ毛に、専用の美容液を塗って栄養を補います。
美容液には毛根に栄養を与えて、元から元気にするタイプと、今生えているまつ毛に直接塗ってキューティクルを整えるタイプがあります。
理想はどちらも行う事ですが、毛根のケアを念入りに実施した方が効果があるでしょう。
およそ20日前後のサイクルで生え変わるので、スキンケアを施して直ぐに効果を感じる事は難しいですが、丁寧に優しく行う事で、確実に栄養が行き渡ります。
少しでもまつ毛の負担を減らす為に、毎日マスカラやツケマでメイクするのは辞めて、1週間に2日程度は休ませる事も大切です。
想像以上に根元への負担が掛かっています。
また、髪の毛同様熱に弱いので、毎日ホットビューラーを使用する人も使用回数を制限すると傷みが目に見えて収まるケースもあります。
日々の積み重ねが大切です。美容液が目に入る程使用するのではなく、毎日少しずつケアする事を心掛けましょう。